予防歯科

HOME | 予防歯科

歯周病の予防

カウンセリング風景
日本人は歯周病になりやすく、30代以降のおよそ80%がかかっているといわれています。また、歯を失う理由で最も多いのが歯周病です。では、どのようにしたら、歯周病を予防できるでしょうか。
歯周病は治療、予防ともにお口の中の細菌を除去することが最も重要なことです。まずご自身のお口の中の状態を知ることから始めましょう。お口の中は一人一人違うものです。歯肉の検査で歯周病の進行具合と進行部位を検査します。また、歯周病を増悪させる因子の検査や問診を行います。検査後は今お口の中がどんな状態で、今後どのように歯を守っていくかをお話し致します。
状況と治療法をご理解され同意いただけましたら、歯周病に対する治療を開始します。まず、お家でのお口の管理について指導させていただきます。そして徹底的に歯石や細菌の除去を行います。その後再度歯肉の検査し評価します。この結果に基づき歯周病の治癒を確認していきます。この時更なる治療が必要であれば、患者さんに状況をご説明し同意を頂いたうえで、外科的な処置や再生療法を行います。
評価後、歯周病は治癒、または経過観察を行える状態になったら、長期的なメインテナンスに入っていきます。元の歯周病の程度にもよりますが、 1~6か月に一度虫歯の有無と歯周病の状態のチェック、歯石や細菌の除去(清掃)と清掃方法の指導、虫歯予防のフッ素塗布、口腔内写真、レントゲン検査などを行います。歯並びやかみ合わせで一人一人歯周病や虫歯が進行しやすい部位が異なりますので、オーダーメイドの予防処置を行っていく事で、将来できるだけ多くの健康な歯を残し、快適な食生活を送っていただきたいと考えています。
 

<フッ素について>

フッ素
フッ素という言葉を聞いたことはありますか。原子番号9番の元素です。通常フッ素と表していますが、単体では存在しえないため、フッ素化合物となる訳ですが、これらを総じてフッ素と呼んでいます。フッ素には歯にとって良い作用があることが証明されています。歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、溶けたエナメル質の修復、歯質を強化するなど、むし歯の発生を防ぐ効果があり、予防に有効な成分として注目されています。
 
  1. 酸の産生を抑制 歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。
  2. 再石灰化の促進 歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。
  3. 歯質強化 歯の表面を酸にとけにくい性質に修復します。

 
特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう。
お口の中は通常中性に保たれています。しかし人間は1日3回食事をとります。間食をとったりジュースなども飲みます。そのたびに歯は脱灰と再石灰化を繰り返しています。フッ素は脱灰を抑え再石灰化を促進します。またもし虫歯になってしまっても初期のむし歯であれば、フッ素を応用し再石灰化しやすい状態をつくり出せれば、少し期間はかかりますが修復が可能です。初期のむし歯は痛みもなく、自分では見つけにくいので、歯科医院での定期的なチェックが必要です。
日々、口の中の環境は変化し、脱灰に傾くリスクは常にあります。毎日のケアでこつこつフッ素を取り入れ、継続的にむし歯予防に努めることが大切なのです。
 

<フッ素入りハミガキ剤の正しい使い方>

ポイントは口の中に長く留めること。

  1. 歯ブラシに1cm程度ハミガキ剤を出して歯を磨く
  2. フッ素はできるだけ長く滞在させた方が効果を得やすいので5分位は磨く
  3. 歯磨き後のすすぎは10~15mlの水を口に含み、1回程度すすぐ。口の中にフッ素が少し残る位がむし歯の予防に効果的です。
  • ※子どもの場合は、ひとりですすぎができるようになってから使用しましょう。

 

<フッ素の危険性について>

フッ素の応用は歯にとって効果のある予防法です。このフッ素も用法容量を守らずに多量に摂取し続けると歯や骨のフッ素症や糖質、脂質代謝障害などが起きます。関連付けるデータは不明ですが、様々な病気を引き起こすと訴える人もいます。私の見解は、「上手に利用すべき」だと思います。フッ素の歯への効果は立証済みです。多量摂取に気を付けて利用すれば恩恵は大きいと考えています。我々が毎日口にしている醤油だって何リットルも飲めば体に悪影響(死んでしまうかも)を及ぼします。醤油や砂糖、塩、薬なども皆さんうまく利用していませんか。また、日本はハミガキ剤などのフッ素含有量が諸外国に比べ少ないです。日本は安全にかつ簡便にフッ素応用ができる環境にありますので、用法容量を守って上手に使って虫歯を予防しましょう。

診療案内

虫歯治療

痛みの少ない虫歯治療を実践しています。また治療後も長く使える歯になるように治療を行っていきます。

歯周病治療

成人のほとんどの方が歯周病にかかっていると言われています。予防も大切にしながら治療を進めます。

インプラント

歯を失ってしまった場合の選択肢にインプラントがあります。丁寧にご説明をしながら治療をいたします。

入れ歯治療

入れ歯も歯を失った場合の治療になります。メリットとデメリットを分かりやすくご説明いたします。

美容歯科

より歯を美しく見せる為にあるのが美容歯科治療です。見本を見ながらご説明をさせていただきます。

アクセス


自由が丘駅より徒歩1分
住所:東京都目黒区自由が丘2-10-4 ミルシェ自由が丘7F
電話番号:03-6421-4200
初診専用番号:050-7582-9893
診療時間:
月~金曜 9:30~13:00,14:30~19:30
土曜 9:30~13:00,14:00~17:00

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:30
▲14:00~17:00 休診日: 日曜、祝日